宮城のみなさま!河北新報「座標」に連載決定しました

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

宮城の皆様、はじめまして。

来年のことですが。^^

こんにちは。

東京よりも仙台にあこがれを感じる…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人(@naaot)です。

この度、河北新報のコラム「座標」に連載をさせていただくことになりました。

 

kahoku_sasaki_150523

宮城県ナンバーワンのコラム欄です

 

連載といっても、月に1回。
6か月で6回です。

ブログを書いていただけで、まさかこんなお声をいただくと思いませんでした。
ありがとうございます。

初回は、1月です。

1月から6か月間、宮城のみなさま、お世話になります。

 

SNSを続けるとマスからお声がかかる

短パン社長こと奧ノ谷圭祐さんの「人生のパイセンTV」と「繊研新聞」。

エクスマの藤村先生や塾生が毎月のように登場する雑誌「商業界」。

そのほか、ネット系のメディアなどなど。

SNSを続けている方は、どんどんマス媒体からお声がかかっています。

 

SNSとマス媒体というと、いかにも対立構図でとらえがちですが、決して対立するものではなく、どちらかというと補完するものです。

マスにしかできないこと。
SNSにしかできないこと。

どちらも組み合せるとスゴイことになります。

対立で考えた時点で、すでにもったいない。
どうせなら、組み合せる方法を考えないと。

 

この度の河北新報の連載も、SNSなしではありえなかったことです。
ブログやフェイスブック、ツイッターなど、何かしらをご覧いただき、チェックして上でのオファーでした。

だから、続けないともったいない。

見ているだけではもったいない。

ブログを書いて、書きつづけていれば、きっと信じられないようなキセキが起こります。
それも、あちらからお呼びがかかる形で。

今回の「河北新報」のコラム、楽しみです。

旅館のことよりも、地域のこととか、まちづくり、SNS、マーケティングとか。
そのあたりを書きたいと思います。

というわけで、宮城県の皆様、どんなに私が書いたとして、読んでいただけないと意味がありません。
ぜひ河北新報さんをご購読ください。^^

河北新報

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事