「あけましておめでとう!」と思いきや、元旦停電事件

この記事は9分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

あけましておめでとうございます

あけおめでことよろです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

あけましておめでとうございます。
何年も前からずっと語られてきた2020年が、ついに始まりました。

元旦の小野川温泉は、快晴でした

オリンピックイヤーです。

旧年中は、登府屋旅館、そしてこのブログ共々たいへんお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

東京オリンピックがやってくる、2020年。
当館も、年末から満室をいただいております。

そんな満室の元日の起きたのが…。

元日停電事件

あまりにも衝撃的でしたのが、ここに書き記しておきます。

お客様もチェックインし、続々到着していた、15時5分。
停電しました。

まぁ、停電はたまにあるので、それ自体は驚きませんが、宿としてまず確認するのが「うちだけなのか?地域全体なのか?」
地域全体でした。

うちだけなら、ブレーカーをチェックしたり、やるべきこともあるのですが、地域全体となると何もできません。

ひたすら待つのみ。
そのうち、直るだろうと待つのみ。

それが、一向に復旧しません。

東北電力のホームページを見ると、小野川温泉とお隣の簗沢地区の340戸が停電していました。
電車のストップもそうですが、停電もすぐにウェブに情報が出るんですね。
便利な時代です。

宿でできることは何もないので、待つしかない。
幸い、まだ早い時間だったので、外は明るく、館内は非常灯もつきますし、真っ暗ではありませんでした。

停電が続くとどうなるか?

今回、久しぶりに長時間の停電でした。
結果的には、当館が復旧したのは、約1時間後。

「当館が」と書いたのにはわけがありまして、もう少し南側は復旧が遅れ、さらに1時間後の約2時間後に直りました。

東日本大震災のときも小野川温泉は一度も停電にならず、計画停電もありませんでした。
今回は、久しぶりの長時間の停電、しかも冬、しかも元日。
なかなかのオオゴトでした。

忘れないように、新年早々ですが、停電で困ることを赤裸々に…。

停電というと真っ暗になるイメージです。
照明として懐中電灯やロウソクがあれば、なんとかなりそうですが、そんなに甘くありませんでした。

非常灯が点灯する廊下

①暖房が止まる

当館のメインの暖房は、ヒートポンプです。
動力は電気です。

当然止まります。

そして、ファンヒーターなどの予備の暖房も電気が必要です。
木を燃やすペレットストーブも電気で風を送っているので、不完全燃焼になり、使えなくなります。

ペレットストーブも電気なしでは動かない

昔ながらの反射式のストーブや火鉢くらいしか停電時には使えなくなります。

②温泉が止まる

温泉は湧いてるでしょ?と思いますが、止まります。

温泉を送るポンプが止まるのです。
当然お風呂は時間とともにぬるくなっていきます。

当館の電気は1時間後に回復しましたが、温泉のポンプは2時間後に回復したため、温泉は2時間止まったままでした。

さらに、当館の場合には、ヒートポンプの熱源は「湯船からあふれた温泉」です。
湯船からあふれた温泉の熱を利用して、暖房と給湯に使っています。

すると、シャワーなどの給湯も温度が低くなっていきます。

温泉だけでなく、水道のポンプも止まるので、トイレなどにも支障が出ます。

③調理器具や事務機器が止まる

最近の厨房は、電化が進んでいます。
ガス式のものでしたら、停電でも使えますが、電気式のものは使えなくなります。

今回、痛感したのは、「スチームコンベクションオーブン」という高性能電子レンジのような機械です。
これがとても便利で、お料理で大活躍なのですが、使えない。。。

でも、お客様のお食事時間は近づいてくるという。
恐怖でした。

夏場であれば、冷蔵庫も不安になるところですが、冬でしたので、そちらは大丈夫でした。

当然でしが、パソコンも使えません。
今回は、チェックインの時間帯でしたから救われましたが、チェックアウトの時間帯でしたら、領収書の計算や発行、クレジットカード決済など、さらなるトラブルは必至でした。

ライフラインは、ライフそのもの

電気が1時間止まっただけで、何もかも狂います。
幸い、15時から16時だから、なんとかなりましたが、夕食時の18時から19時だったら想像するだに恐ろしいことになっていました。

寒い。
食事が出ない。
温泉にも入れない。
そして、暗い。

電気だけで、旅館としての機能が、ほとんど失われます。

今回は、なんとかギリギリで持ち直せてよかったです。

元日で人手も少なかったであろう東北電力さんは、ギリギリナイスタイミングで復旧していただき、感謝しかありません。
停電のまま、一晩とかゾッとします。

そして何より、寛容なお客様ばかりでクレームにもならず、みなさん冷静に対処してくださいました。
ご迷惑おかけしたのに、やさしいお言葉までいただき、感謝に耐えません。

新年早々、大事件だった小野川温泉ですが、七転び八起きなスタートとなりました。
災い転じて福となるってことで。
トラブルも上手くこなしながら、2020年を駆け抜けたいと思います。

備忘録的ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事