ポケモンGO!印刷屋さんと自作チラシ、最大の違いとは?

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

ポケモンGO!リツイートが止まらない!

スマホ、ぶっ壊れたかと思いました。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

11時ごろからずっとスマホがブルッていて、止まらなかったんです。
「なんだかなぁ…。気になるなぁ。」
よく見ると、すべてリツイートでした。

そちらの話は、また別の機会に書きますが…。

なんと、私のスマホではなく、この方のスマホも同じ状態になっていたはず。

ポケモンGO

リツイート1,470って!!

たまたま小野川温泉にいらしていた、暴数五郎さんが、チラシをツイート。
念のためですが、私でも、私が頼んだわけでもありません。

そのツイートが、1,470もリツイート。

マジか!?

衝撃です。

そのなかで見つけたコメントが、コチラ。

小野川温泉がポケモンGO本気すぎてヤバイ…
ちなみにいいところなので興味のある方は行ってみてどうぞ

 

素人とプロの境界線

印刷屋さんが、困っています。

パソコンとインターネットの発達で、ちょっとパソコンができれば、かなりのものができるから。
プロとそん色がないほどのものが。

印刷物の制作は、3つのパターンがあります。

1 自分のパソコンでデザイン + 自分で印刷 → 最安

2 自分のパソコンでデザイン + プロが印刷 → やや安

3 プロがデザイン + プロが印刷 → 見積次第

2は、プリントパックやスプリンターのような、印刷専門でデータ入稿のネット系印刷屋さん。
3は、いわゆる印刷屋さんです。

当初、この計画では、チラシは1で行こうと思っていました。

私が作って、印刷。
そんなにたくさんいらないだろうし…。
時間もかけられないし…。

でも、いろいろな経過をたどり、3になりました。

川島印刷さんにお願いしました。

ポケモンGO チラシ

表はポケストップとジム


ポケモンGO チラシ

裏は、遊び方や特典

デザインと印刷で、1週間という長短納期の鬼のような仕事を引き受けていただきました。

結果、クオリティが高い
さりげなく、表面がスマホのデザインになっていたり、ジムのあたりはほぼ支持なしの丸投げなのにわかりやすくまとめていただいたり。

プロに依頼すると伝わるデザイン以外の決定打

でも、大事なのはそこだけじゃないんです。

プロの印刷屋さんにお願いすると伝わるものがあるんです。
私がパソコンでちゃちゃっと作って、普通紙にプリントしたのでは、伝わらないもの。

そう、それは…

本気度!

今回、小野川温泉としての取り組みですが、
「小野川温泉は、どこまで本気なのか?」
が、実は、印刷物で伝わったりするのです。

前述のツイッターの通りです。

そこが伝わったとき、

「なにここ、マジじゃん!」
  ↓
「なんか面白そうじゃん!」
  ↓
「見てみて、ちょっと!」
  ↓
リツイート!

になると思っています。

今回、主催者じゃないアカウントが、チラシ画像だけで1,470ものリツイートを獲得したワケは、そのあたりにもあるのかもしれません。

もちろん、タイムリーに発見していただいた暴数五郎さん、ありがとうございました。

それにしても、いーい、チラシだなぁ~。 ←LIFEのゲスっぽく。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事