遅れててごめんなさい。貸切風呂は、3月下旬です。

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

クラウドファウンディングの貸切風呂

着々と進んでいるのですが、遅れ気味です。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ありがとうございます。クラウドファウンディング達成しました!

思えば、昨年の大晦日達成したクラウドファウンディング。
それを受けて、1月中旬から貸切風呂を作っております。

既存スペースでのリフォームに例年より寒い気温が合間って、かなり遅れています。
当初は、「1ヶ月くらいでできるのでは?」と思っておりましたが、予定は3月中旬となっております。

お待たせして、大変申し訳ございません。

工事が終わって試運転し、役所関係の申請や許可などもありまして、実際にお客様にご利用いただけるのは、3月下旬の予定です。
のびのびで申し訳ございません。

目玉は、世界初スロープ滑り台!

勝手に世界初っていってますが、多分、世界初じゃないでしょうか?
違ってたら、教えてください。
今回の貸切風呂の目玉は、椅子に座ったような状態から滑り台のように入っていく「滑り台スロープ」です。

従来は、立ち上がって歩いて入るのがスロープですが、あえて滑り台にしてみました。
その方が浮力もついて少ない力で出入りできます。

現在の貸切風呂の様子

現在は、まだ、タイルを貼っておらず、むき出し状態。
だいたいのイメージはつかんでいただけるかと存じます。

左側が滑り台スロープです。

そして、デザインはこちら。

斬新なカラーリング

「これ、入浴介助用?」
って思うくらい、斬新なデザイン。

バリアフリー特別室の時もそうでしたが、いかにもバリアフリー、いかにも介護用にしちゃうと病院や介護施設のようになってしまいます。
バリアフリーでなおかつ誰もがドキドキするデザイン。
「病院みたいなのは、イヤ!」といったら、こうなりました。

工期的には延び延びになっちゃってますが、急かさずに中身はしっかりしてもらっております。
実際にご利用いただけるのは、3月下旬かと存じます。

今しばらくお待ちくださいませ。^^

  • follow us in feedly

関連記事