ありきたりな講演にドロップキック!樋渡啓祐氏の講演会を終えて

この記事は8分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

樋渡啓祐さんの講演会が、無事終了しました

本当にありがとうございました!!!

こんにちは。

一仕事を終えた…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

 

本日、樋渡啓祐さんの講演会にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
おかげさまで、最高の場となりました。
感謝申し上げます。

今回は持てる力をフルに発揮したセミナーとなりました。
そこから見えてきたことをまとめます。

 

樋渡啓祐さんと米沢八湯

ハッピまで!サービス精神があふれでる一枚 

 

SNSを使うと次元が変わる

今回のセミナーでは、SNSをフル活用しました。
樋渡さん自身、日本で最もフェイスブックをフル活用した首長でしたし。

通常のセミナーは、

■告知手段 チラシ・ポスター

■評価手段 アンケート

これが、当たり前です。

チラシやポスターを作り、告知をして、参加者を募る。
当然ですが、印刷費がかかります。

終了後には、アンケートを書いていただき、回収する。

それが、今までの当たり前です。
「守・破・離」でいうと「守」です。

しかし、今回は、チラシもポスターもありません。
チラシっぽいものをワードで私が作成し、米沢観光物産協会とJCでFAXしていただきました。

でも、印刷物としてのチラシはありませんでした。

「破」ですね。

 

■告知手段 SNS ・ 組織へのFAX

■評価手段 SNS

 

100名近い参加者が、SNSで集まりました。
FAXもいらっしゃいましたが、大多数がSNS。

なによりSNSなので、FAXのリストにない他県や遠く関東地方からもいらっしゃいました。
ありがたいことです。

そして、セミナーの評価も紙のアンケートはやっていません。

でも、お客様の声はわかります
SNSで一目瞭然です。

どんどん流れてきます。

主催者側に気を使って紙に書くアンケートではなく、自発的にSNSに掲載するお客様の声。

試しにYahoo!の検索の「リアルタイム」という場所で【樋渡啓祐】【樋渡 米沢】で検索してみてください。
スゴイです。^^

アンケートの時代は終わったと実感しました。

逆に言えば、フェイスブックやツイッターを使っていないと、相当情報量が違います。
情報が入ってこなくなります。

セミナーの開催情報、感想も。

チラシと違って、フェイスブックだと誰が行くかも見えるので「あの人が行くから行こう」ということもあり得ます。

SNSを使うことは、活動の次元が変わります。 

 

動画を使うと伝わり方が変わる

今回は、動画を多用しました。
といっても、2か所ですが。

樋渡さんも2つ動画を流したので、全部で4つ。
参加者の方は、「動画多いな」と思ったのではないでしょうか。

1つ目の動画は、樋渡さんの紹介動画でした。

セミナーで司会者が、「先生のお生まれは、〇〇で、〇〇のお仕事を〇年されて、○な実績をお持ちです…。」と紹介しますが、つまんないですよね。

なんか樋渡さんをお迎えするには、向かない。
と思ったので、ちょっと古いですが、「プロジェクトX」にしてみました。
なんか、「ジャリっと感」ありますよね。

市長時代の苦難と実績がわかるようなテイスト。

樋渡さんのことをご存じない方にも、「市立図書館にツタヤとスタバ?」「フェイスブック?」など。
自己紹介の「見える化」をしてみました。

短い時間にビジュアルで見せるには、動画は便利です。

ある意味、パワーポイントでのプレゼンも動画に近いですが、動画は音楽も入れられ、さらなる効果をつけられます。
多用しすぎるとウザいのでさじ加減も必要ですが。

動画を見て、イメージが鮮明になり、お話とは違った伝わり方があったっと思います。

 

とりあえずパクると現状と変わる 

樋渡さんの名言。

いいものはパクろう。

徹底的にパクろう。(TTP)

モロパクリでもいい。(MP)

2文字じゃ長いから、Pでもいい。

参加者の中では、流行語になっています。

今回のセミナー、わかる人にはバレバレですが、めっちゃパクっています。 

セミナー全体の演出は、エクスマのセミナーをパクってます。 

 

・客入れでBGM

・オープニングに動画 

・エンドロールが動画 

・演台がない

・ステージ脇に講演者の待機席がない などなど。

細かい点も含め、「普通のセミナーって、こうだよね」というスタイルを崩しています。

エクスマのセミナーをご存じの方は、普通。
それ以外の方は、「ナニコレ?」と思ったはず。

まさに、MP。

そうやって、パクりながらいろいろやっていると、そのうち自分たちなりのスタイルが築かれるものです。

今までやってきたことを、出し切ったセミナーになりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ご協力いただいた米沢八湯のみなさま、特にムチャブリをなんなくこなした司会の黄木綾子さん。
ご遠方よりお越しいただいた、樋渡啓祐さん、奥さま、杉山さん、ありがとうございました。

これからもますます活発な米沢八湯にしていきたいと思います。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事