温泉地が気づいてない温泉むすめの価値

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

二次元とか、萌えじゃない

温泉地の方向けです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

温泉むすめシリーズ。

今日は、温泉地の方向けです。
ファンの方は、興醒めに感じてしまうかもなので、読まないほうがいいかも。

さて、温泉地の方にお伝えしたい。
温泉むすめの価値は、ここから考えてみましよう。

行政の方など、他人に伝えるときも、ここから行きましょう。

キャラクターがあり、イラストレーターさんがいて、声優さんがいて、いろんなコンテンツとコラボしていて、とにかく多岐にわたる温泉むすめ。
複雑すぎてどこから説明していいかわからなくなります。

そこで、温泉地の方は、ここだけ押さえましょう。

単純明快

単純です。
簡単です。

日本には、3,000近い温泉地があります。
でも、温泉むすめは120名しかいません。

山形でいえば、138の温泉地があります。
でも、温泉むすめは、4名しかいません。

つまり、温泉むすめになった時点で全国で120位以内にランクインできたわけです。
3,000のなかの120以内です。

ワープです。
おやしろ渡りです。

山形県でも、一気に4位以内です。
ベスト4です。

これは活かさない手はないと思いませんか?

温泉むすめで盛り上がるコツ

「私、オタクじゃないんで、よくわかりません。」

そんな方が、温泉むすめで盛り上がる際、参考になるのは「甲子園」です。
野球のルール知らなくても、同じ県の出場校を応援してませんか?

「うちの地域の代表」と思って温泉むすめを見てください。

米沢市のおしょうしな観光大使

すると、イラストレーターさんも、声優さんも、うちの代表です。

米沢市では、キャラクター「小野川小町」と声優の村上奈津実さんを市の観光大使である「おしょうしな 観光大使」にしてくださいました。

こうなると、完全に「うちの地域の代表」です。
市をあげて、応援です。

スマートスピーカーがあふれる昨今。
声優さんと繋がれるのは、とても大きな意味を持ちます。
以前の声優さんとは、立場もスキルも変わってきています。

私は、ニワカですが、この甲子園感覚を大事にしています。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事