「やまがた若旦那」第3号、印刷なう!来週、お江戸に配りにいくぜ!

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

ボカシきれてない??表紙はこんな感じ

速報です!

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

「やまがた若旦那」、第3号がいよいよ完成し、ただいま印刷中です。

 

やまがた若旦那_3_b

表紙はこんな感じ

センターにいるのが、誰かは言わずもがな。

でも、今回は、これまで登場した32名の若旦那が登場しています。

そして、一番の見どころは、山形の若旦那が登場し、観光案内する「漫画」です。
マンガ。

ってことで、表紙も自ずとマンガっぽいイメージに。
なにをインスパイアしているか、わかるかなー?

今、急ピッチで印刷を進めているのは、9月13日に東京で行われるイベントに間に合わせるためです。

第3号を一番最初に配るのは、東京です。
首都圏の方、お江戸両国亭に集合ですよ。

【やまがた若旦那 観光大喜利 in 両国】

このところ、毎日ブログに書いてますから、しつこいようですが…。
でも、言いたい!

だって、旅行パンフレットの革新ですから。

旅行パンフレットの限界は、どこにあるのか?

旅行パンフレットは、旅行会社の店頭にあるものも含め、限界です。

表紙には、地域の名前。
「東北とか、山形とか。」

ページを開けば、地域ごとに綺麗に区分け。
「村山とか、置賜とか、庄内とか、最上とか。」

その先にはお決まりの中身。
「観光施設とか、レストランとか、おみやげとか。」

旅館のページに至っては、壊滅的。
「似たような風呂に、似たような部屋に、イメージと書かれた料理。」

いろんな制約があるのは、わかりますが…、

誌面のなかで、コモディティ化してるんですよね。

 

そんな観光パンフレットとは一線を画する、フッきれたパンフレット。
やまがた若旦那。

最大の特徴は、人です。

食材にスポットをあてると、どうしても米沢牛になっちゃいます。

温泉にスポットをあてると、小野川温泉の場合は、どこも同じ源泉です。

すると違いがどこかわからない。
最も違うのは、値段だけになっちゃいます。

そこで、人なんです。

人は、絶対に全員違います。
ひとりとして同じ人はいません。

その人たちが、紹介するパンフレット。

業界のタブーにメスを入れるようなパンフレットです。

ぜひぜひパンフレットをゲットしに、遊びにいらしてください。^^

【やまがた若旦那 観光大喜利 in 両国】

関連記事