芋煮会は、秋の魅力を楽しむためにある

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

秋にしかできないのが、芋煮会

撮ってだしです。

こんにちは。

数年ぶりに芋煮会をしました…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

芋煮会。

山形ケンミンが異常なこだわりを持つ秋のイベントです。

なんで、芋なのか?

…バーベキューでもいいじゃん!

なんで外でするのか?

…屋内でもいいじゃん!

なんで秋しかしないのか?

…春だっていいじゃん!

すべての答えはたったひとつ。

秋だからです。
秋だから、芋。
秋だから、外。

芋煮会には、秋を楽しむための要素がてんこ盛りなんです。

そんなわけで、本日の芋煮会の動画。

おもてなしならぬ、いもてなし

 

新潟から(株)ウィザップの高橋社長と蜂谷さんがいらっしゃいまして、芋煮会をしたいという熱烈なオーダーがあり、開催しました。

とても盛り上がったのは、動画の通りでございます。

やっぱり芋煮会は楽しいですね。

山形の自分たちにとっては、普通のイベントですが、新潟のお2人は初体験。
大喜びしていただけました。

 

県内でもこだわりが異なる文化

それに対し、ケンミン同士だと必ず、論争になるのが芋煮です。

牛肉にしょうゆ味か?

豚肉にみそ味か?

これは、初歩的なところで、牛肉でしょうゆ味のなかにもさまざまな違いがあります。

本日の新たな発見がコチラ…。

 

芋煮談義

キノコもギリギリ

 

米沢の芋煮は、具だくさんです。

山形市周辺は、シンプル。

米沢では、きのこは、マストなんですが、山形は違うようです。

このように地域ごとに文化が違うのがまた面白いところです。

他県の方には興味がないと思いますが、芋煮って深いんですよ。笑

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事