若旦那→もし朝それ。台湾での掲載記事を自動翻訳してみた。

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

初めて海外の新聞に掲載されました

いつのまにっ!

こんにちは。

いつのまにか掲載されていてビックリした…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

台湾の自由時報さんに掲載されていました。

今までいろんなマスコミに掲載されてきましたが、海外の新聞に現地語で掲載されるのは初めてです。

しかし、いかんせん現地語…。

読めません…。^^;

 

自由時報 やまがた若旦那

台湾の自由時報「やまがた若旦那」

 

「自由時報」の記事

 

そこで、翻訳アプリで翻訳したところ…、面白いことになりました。

 

日本の山形県温泉旅館業は捨てて顧みないために観光して、最近別種の宣伝活動を出して、現地の30歳ぐらいの旅館の小さい店主のために「いつも選挙」を催して、「小さくて新鮮な肉」の魅力を発揮するのを望んで、旅客に来るように引きつけます。

※「小さくて新鮮な肉」でははなく、「小鮮肉」は、ジャニーズ系みたいな言葉のようです。

温泉旅館を言い出して、普通な人はでも和服の美しくて有能な「女傑」(女将さん)を身につけているまで(に)連想して、日本各地の温泉旅館業は習慣をもって女将さんの宣伝する主役だ。

しかし山形県温泉旅館は伝統の方法を直しますと、身を隠して「女傑」背後「もし朝それ」(小さい店主)宣伝する第1線をおしているでしょう。

この宣伝が描きを待望するのを出すのは現地の旅館のホテル同業組合の青年部で、主に現れるために若い人の活力を伝承するのとで、県の内で12の温泉の景勝の地は共に16人の30歳ぐらいの旅館の経営者あるいは継承者が見つかって参加します。

これらの若くて小さい店主が和服のキュロットスカートを着て、麦藁帽子を付けてまた(まだ)扇子を手に持って、「大正がロマンチックでした」復古風を行って、そして県の内で有名な景色の名所は必ず設置してうつしを撮影して、10月に観光するハンドブック「山形もし朝それ」創刊号を発行するのを予定します。

【写真のキャプション】
山形県温泉旅館業は旅館の小さい店主にいつも選挙するように出して、「小さくて新鮮な肉」の客を呼び込む魅力を発揮するのを望みます。

 

とりあえず、1文が長すぎて理解に苦労しますが、なんとなく言いたいことは伝わってきます。笑

旅館の若旦那。
海外の人にも理解していただければ、うれしいです。

インバウンドの切り口の一つになれば、面白いですね。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事