#シバハマラジオ でディスられる。立川こしら師匠の火曜日

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

スマホでラジオを聞けるアプリ「radiko」

便利なものです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

昔は、テレビといえば、テレビが必要でした。
そんなテレビもスマホで見れるようになりました。

なのに、ラジオといえば、ラジオが必要な感覚ってありませんか?
ラジオだって、スマホで当然聞けるのです。

それが、radikoというアプリ。

このアプリ、生放送を後から録音で楽しめます。
それが、「タイムフリー」という機能。

おかげでちょうど時間が空いた時に落ち着いて聞くことができるようになりました。

ますます生が恋しくなる

ところが、録音で楽しめるにも関わらず、やっぱり生で聴きたくなるものです。

それは、ツイッターのせいです。

シバハマラジオのツイッター

他のリスナーのツイートをリアルタイムで見ながらのラジオ鑑賞は、たまりません。
同じものを好きなもの同士だからわかる感覚。
それを同時に共有できる感覚。

録音を聴きながら、ツイッターを見るとなんか損した気分。
あー、生で聴きたかったとつくづく思います。

試しに、先日のシバハマラジオの火曜日がこちら。

12月4日のシバハマラジオ

録音で聴けますが、公開期間は決まっているのでお早めにお聞きください。

登府屋旅館を出していただきました

ラジオでプレゼント募集のお話があったので、応募してみました。
見事、採用。

宿泊券1万円分です。

1万円分といっても、使っていただければ、売上になりますし、ラジオで結構な時間、PRしていただきました。
広告費としては、とてもいい!

しかも、小野川温泉や当館に対するディスりが、またいい。
このラジオを初めて聞いた方は、「こんなことを電波に乗せて全国にいうなんて!」とお冠になるかもしれませんが、それは初心者です。

知っている人は、知っています。
この誤情報は、わざとだということを。

こしら師匠独特のプロレス的な絡み方。
このディスりは、わざとです。
言われた側も「受けの美学」です。

しっかりネタにしていただいて、落語会のお客様やリスナーの心に刻んでくださっています。
おかげさまで、私が東京の落語会に行くと、見知らぬ方から声をかけられることがよくあります。
ツイッターなどで知られていますからね。

こういった落語好きとの交流は、何よりも楽しい。
ツイッターを見てたら、登府屋旅館に関するツイートもちらほらあって、うれしかったです。

シバハマラジオ、ぜひ聞いてみてください。

12月4日のシバハマラジオ

↑こちらからです。

冒頭、師匠が遅刻してしまい、弟子がフォローしているあたりが最高です。^^

  • follow us in feedly

関連記事