温泉むすめとは、温泉地対抗「地域活性化大喜利」

この記事は10分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉むすめを誤解していませんか?

単なる「萌えキャラ」ではないのです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

本日は、温泉地の皆様向けの記事。
特に、まだ温泉むすめを誤解しているであろう温泉地の方向け。

温泉むすめについて他の温泉地で話すと、「ああ、萌えキャラね。そういうのやったことあるし。」みたいに言われることがあります。

大幅に誤解しています。
お米のラベルに萌えキャラを使って、売っている…みたいなレベルで考えがち。

それは、温泉むすめの持つ要素では、ごくごく一面。
氷山の一角。
水面下のものすごい可能性を見えてないです。

その辺りを解説しますね。

温泉むすめが持つ3大要素

温泉むすめのすごさは、田舎の一温泉地が、温泉むすめの持つ様々な要素を使って挑戦できるところにあります。

推しを支える温泉むすめファン

まず、最大の要素が「ファンの存在」です。

「ぽか旦那」、「ぽか女将」と呼ばれる温泉むすめファンは、とにかくアクティブ。
今はコロナ禍で我慢している場合もありますが、基本アクティブ。

全国の温泉地を巡り、グッズを買いあつめ、イベントに参加し、時には旅先で奉納(寄付)もします。

温泉地側から見ると表現がストレートで恐縮ですが、「作れば買ってくださる素晴らしいお客様」です。

普通、商品開発をするなら、「どうやったら売れるか?」「売れるものは何か?」を考えて臨みます。
「本当に売れるのか?」と悩みに悩んで、でもやめるというのはよくある話です。

でも、温泉むすめは違います。
「どうやったら売れるか?」がないのです。

信じられないかもしれませんが、作れば売れる
なんなら、売り切れさせる。

ファンの間では、「枯らす」といいますが、売り切れ目指して組織票で買ってくださいます。

温泉地側としては、「売り切れるから大丈夫!」という絶大な信頼のもと、商品開発できます。
飯坂温泉・吉川屋さんの「つむつむ」は、アイデアは出ても販売前にあきらめてしまいそうなマニアックな商品ですが、実現し、しっかり売れています。

商品開発前からすでにお客さんがついた状態で商売できるなんて、すごくないですか?

イラストレーターさんの画力

温泉むすめは、担当イラストレーターが一人ずつ違います。

121名の温泉むすめを121人のイラストレーターさんが別々に描いてくださっています。

小野川温泉の小野川小町ちゃんの担当は、ほし先生。
超絶売れっ子のイラストレーターさんです。

ツイッターのフォロワーは16万人!
米沢市の人口(8万人)の倍です。

ほし先生 公式サイト「うさぎ号」

ほし先生 ツイッター

この画力を使って、オリジナルイラストやパネルを作れます。

ほりえや旅館さんでは、宿の浴衣をキャラクターに着せて、パネル化。
そして、キーホルダーをグッズとして販売。

有名イラストレーターさんにオリジナルをお願いできるのです。

さらにSDパネル化もできます。

らぐほのえりか 先生や 種田優太 先生がオリジナルで描いてくださいます。

二頭身は種田先生。

三頭身は、らぐほ先生。
布団をかぶっている方です。

パネルを目指してファンが訪れてくださいますので、パネルは御神体のようなものです。

オリジナルイラストを人気イラストレーターさんにお願いできるって、すごくないですか?

声優さんの力

声優さんとコラボできるのも温泉むすめの醍醐味です。

声優さんは、一昔前とは全く変わってしまいました。
今や、声優さんは、アイドルです。
歌って、踊れて、声の演技もできて。
なんならアイドルよりも狭き門と言われています。

そんな声優さん達とコラボできます。

小野川温泉の担当は、村上奈津実さん。
村上さんには、キャラクターの小野川小町ちゃんともども米沢市のおしょうしな観光大使になっていただいております。

声優さんは、声を使ってのコラボだけでなく、タレントさんとしてライブ開催でのコラボも可能です。
アイドルですから、コンサートができます。

人気声優さんを温泉地が使えるって、すごくないですか?

温泉地がアイデア合戦を繰り広げているのが温泉むすめ

温泉むすめは、温泉地による地域活性化アイデア合戦です。

上記の要素を使って、何ができるのか?
温泉地同士の大喜利のようなもの。

「イラストを使って、オリジナルで描くだけでは甘い!
うちは、4コマ漫画のようにストーリーを表現する!」とか。

「声が使えるなら、温泉街行きのバスのガイド音声に使う!」とか。

「オリジナルイラストで田植えをして田んぼアートにする!」とか。

「声を使って、音声ガイドできるスマホを貸し出す!」とか。

「新曲を作って、声優さんに歌ってもらって、C D化する!」とか。

「温泉むすめがいそうな部屋を作ってプラン化する!」とか。

「温泉むすめを使って痛車にラッピングする!」とか。

まぁ、多種多様な活用ができます。
単なる萌えキャラとしてイラスト活用だけではないのです。

そんなわけで、12月に小野川温泉主催で「トーク&ライブ」を行います。
村上奈津実さんを米沢にお招きしての初のイベントです。

その名も…

スペシャル・湯けむり・フェスタ in 米沢

◆イベント日程
12月19日(日) 13時30分 開演予定

◆イベント内容
トークイベント&ミニライブ
※新曲のお披露目あり


◆出演
イベント限定ユニット「Ambassador
小野川小町 役 村上奈津実
飯坂真尋 役 吉岡茉祐
松島名月 役 永野愛理

今回は、宿泊者限定イベントなので、山交観光さんから「宿泊申込=イベント参加」となります。

その申込ページがこちら。

通常プランと殿様プラン?!

今回は、1泊5万円の殿様プランがございます。

1泊5万円て!?

内容は謎に包まれていますが、きっとすごいことになります。

山交観光 申込サイト

↑お申し込みはこちらから。

通常プラン130名、殿様プラン6名。
合計136名になります。

お申し込み多数の場合には、抽選となります。
殿様プランの行方が気になりますね。

たくさんのお申し込みをお待ちしております。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 ご当地落語 】のトップバッター会場です!
(下のバナーからサイトを開けます)

関連記事