あなたの「好き」を蹂躙させてる場合じゃない!

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

「好き」を蹂躙するのはアイツ

好きなら好きでいいんです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝い。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

だって、好きなんだから。

「ルパン」をどれだけ好きだったのか?

その昔、ルパンの格好をしていたころがあります。

あのころのネタ。
「ルパン好きなの?」
と聞かれると…
「いや、それほどは…。」
って答えていました。

これは、「心配ないさー!」のギャグでおなじみの劇団四季っぽい芸人・大西ライオンさんのパロディのつもりでやっていました。

あくまで、口頭では「それほど好きじゃない」と言ってみるというネタ。
…のつもりでした。

実際には、結構好きでした。
ルパン三世を。

原作の漫画やらアニメやらを見て、楽しんでいました。
映画「カリオストロの城」は、何度見たことか…。

ルパンの格好だって、高校時代からです。
かれこれ20年以上。

祭りや結婚式、成人式といった、葬式以外の冠婚葬祭で活躍していました。
だから、ルパンは昔から好きなんです。

それを本格的にお仕事で着るようになってから、「もう一度、ちゃんと勉強しよう!」と思い、アニメの映画版を見てみました。

よく2時間スペシャルになっている「ルパン三世」。
カリオストロ以降。

ルパンの映画

数えきれないほどのシリーズ

これが…。

2時間、楽しく過ごせるはずが…。

寝ちゃうんです。^^;
どういうわけか、寝ちゃう。

このあたりで、「あれ?ホントは好きじゃないんじゃね?」と思いはじめました。

自分で限界を感じたら、好きは続けられないのかもしれません。

最終的にはルパンの格好を辞めることになり、今に至ります。

 

好きなものは好きと言っていい!

「○○が好き!」というと、他人がその発言を蹂躙することがあります。

「そんなに好きじゃないでしょ?」
「△△さんよりも、好きなの?」
「ホントに好きなの?」

これが他人なら、まだ反論の余地があります。

「いやいや、あなたはそういうけど、ホントに好きだから!」

他人なら、反論できるんです。

ところが、自分で蹂躙してしまうことがあるんです。

「好きって言ってもなぁ…。」
「○○さんほど、好きじゃないし…。」
「好きといえば好きだけど、それほどでもなぁ…。」

「好き」という自分で決めていいことに躊躇してしまう。

でも、自分で決めていいことなんです。

「好き」を蹂躙するのは、ときに自分自身です。
まずは、自分で「好き」を認めてあげること。

そこから、いろんなことが変わってきます。^^

関連記事