YTSにて「あの男たち」って。やまがた若旦那 観光大喜利

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

山形からテレビ局がやってきた!

わざわざありがとうございます。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

「東京でイベントやるよ」って言っても、なかなか山形から取材にきてくれるものではありません。

そんななか唯一来ていただいたのが…。

 

image

YTSさん、わざわざ東京に!

image両国まで来ていただきました

image

中に入ると、まさに寄席

image

前回の総選挙1位、中川吉右衛門さん

image

初回の1位、浜のプーさん

image

とにかく、キャラが濃い面々

image

仕切るは立川こしら師匠!

image

「くろじ」でのアイウエオ作文

imageみんな真剣に考えます!

image

黄色は、もちろんラーメン好きのこの人!

ぶらkimage

温泉地の名前を背負って、取り組みました

素人と思えないほど現場は盛り上がりました!

こしら師匠の仕切りがうますぎるので。

ときにツッコみ、ときに持ち上げ、ときに突き落とす。

ブラックな香りの漂う こしら師匠のツッコミが、珍回答をどんどん笑いに変えていきました。

師匠のおっしゃるには、旅館の息子には、2つのタイプがあります。

「若旦那」タイプ…スタッフもそろっている大店(おおだな)の息子。商売は番頭(支配人)に任せておけば、安泰。

「小倅(こせがれ)」タイプ…若旦那と呼ばれながらも内実は現場の一員。若旦那ほどの余裕はない。

私は後者ですよ。笑

そして、そのどちらも師匠からすれば「ボケ」なんです。
だから、ツッコミ放題。

若旦那タイプの「これすごくない?」も天然だし、「え?それ普通でしょ」も天然。

小倅タイプの「バレないようでバレてる感」も天然。

どこか世間とズレがあり、それを見つけてはバシバシつっこむ。

そんな笑いが多く見られ、実に真剣な笑いの場となりました。

イヤー、現場でご覧になった方は、ラッキーでしたね。

もしかしたら、この映像はいつか違う番組に化けるのでは?と勘繰ってしまいました。
YTSさんだけに。^^

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事