障がいをネタにしたっていいじゃない!濱田祐太郎さんの革命

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

R-1ぐらんぷり優勝のネタがスゴい!

障がい者に新たな時代がきました!

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

革命でした。
R-1ぐらんぷりの優勝は、濱田祐太郎さん。

手には白い杖

ピン芸人の大会なのにステージには2人で登場し、マイクの前に彼が立つともう1人はいなくなる不思議な光景でネタが始まる。手には、白い杖。

そう、わかりますよね。
白い杖。

そう、彼は、視覚障がい者なのです。
ほとんど目が見えず、光を感じる程度だそう。

でも、そんな彼が視覚障がいをネタにドカンドカンうける。

ネタをご覧ください

何が革命なのか?

障がい者にとっても、お笑いにとっても新たな局面。

トレンディエンジェルは、ハゲをネタにM-1を優勝しました。
漫才のネタはハゲをいじるネタばかり。

タイムマシーン3号は、よくデブネタをします。

これまでハゲ、デブ、チビなど、コンプレックスをネタにする笑いは、受け入れられてきました。
しかし、障がいとなると…タブー。

障がい者をイジるようなネタは、やる人もいないし、たとえされても、お客も笑っていいのかわからなかった。

そんな現状に革命を起こしたのが濱田さんです。
ハゲやデブをネタにするなら、障がいだって自虐ネタになるはず。

ともすれば、ドン引きされて終わるような材料を笑いに変える腕とテクニック。
素晴らしかったです。感動的なネタでした。

障がい者と感動というと、同情やお涙ちょうだいの仕組まれた感動ポルノになりがちでした。
今回の感動は、障がい者が自虐ネタをして笑わせるという痛快な感動。

障がい者への世間の見方を変え、より身近に感じさせる。
彼は、2020年のパラリンピックに向け、日本人の感覚を変えたと思います。
ぜひネタを見てみてください。

また、審査結果の画面が見えない彼に対し、隣で読み上げて声で伝えてた紺野ぶるまさんもファインプレーでした。
彼女自身は0ポイントだったのに「私ゼロだし、もーやだー!」とニコニコしながら自虐混じりで彼の点数を読み上げる。

お笑いの大会なのにお笑いとは違う名シーンもたくさんあった。
いいもの見れました。

まだの方はぜひユーチューブあたりでご覧ください。
昨年は見せない人が、今年は見えない人が優勝です。

おめでとうございました!
笑いがバリアフリーになった瞬間でした。(^。^)

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事