「自宅をリフォームしたいんですが…」戸惑いの電話

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

実際にかかってきたお電話

一瞬、戸惑いました。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

先日かかってきたお電話。

「自宅をリフォームしたくてちょっとお聞きしたいことが…。」

「あ、はぁ…。」

と言ったものの、どうしたものか。

「登府屋旅館ですが、お間違いではないですか?」
と言いそうになりました。

ところが、間違いではありませんでした。

「先日、泊まったバリアフリーのお部屋なんですが、洗面台の高さと手すりの高さを教えてください。」

なるほど!
そういうことですね。

詳しく話を聞くと、お客さまのご自宅をリフォームするにあたり、当館のバリアフリールームが使いやすかったので寸法を知りたかった、というお電話でした。

img_7321

バリアフリールームのトイレと洗面所

リフォームの前に視察がわりに宿泊も

こんな宿泊もあるんだと、わたしがビックリしました。

このお客様は、たまたまだと思いますが、こんな泊まりもありですね。

リフォームする前にいろんなバリアフリールームに泊まってみてしっくりくる部屋を探す。
ちょうどいい高さや幅を見つけたら、メジャーで測って、改装に活かす。

アリです。

設計屋さんは、たいてい標準仕様で設計すると思います。
実際には、車椅子の高さやお客さまの状態によっては、標準よりもずらしたほうがいい場合がございます。

モデルルーム感覚でバリアフリー宿泊。
そんなニーズもあるとお客様に教わったお電話でした。

わたしももっといろんなバリアフリールームに泊まってみたいなぁ。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事