予算7万円!旅館をバリアフリー化するお気軽5点セット

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

バリアフリーは、ハードを直さなくてもできる

ある程度は、ですけどね。

こんにちは。

車いすのお客様が3日に1度はいらっしゃいます。
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

とある旅館の若旦那から、問合せをいただきました。

「車いすを買いたいんですが、ポイントありますか?」

同業者に聞くって、勇気いりますよね。

その勇気とやる気に敬意を表して、ちゃんとお答えしました。

そして、改めて思いました。
実は、低予算でもある程度までいけるな…と。

あまり知られていませんが、来年、「障がい者差別解消法」が施行されます。

障がい者差別解消法のわかりやすい解説

宿泊施設だけではありませんが、宿泊施設は特に遅れているので、対応したほうがいい!と思います。

そんなこというと、だってハードを回収するには何百万かかるでしょ?
銀行からお金借りないと…。

となりますが、そんなことはありません。

 

予算7万円である程度バリアフリー対応する方法

まず、揃えていただきたいのは…

①車いす…3万円

車いすは必須ですね。

カタチですが、左側ではなく、右側がオススメです。

 

車いす

右がオススメ

車いすのポイントは、また明日、書きます。

 

②簡易ベッド…1万円

常設のベッドルームを作ろうとすると大変ですが、折り畳み式のベッドなら気軽です。

収納もしやすいですし、使いたい部屋へサッと移動できます。

折り畳み式ベッド

折り畳み式がオススメ

 

③シャワーチェア…1万円

「シャワーチェア」は、お風呂用の椅子です。

車いす型の車輪付きは「シャワーキャリー」といいます。

車いすでお風呂まで移動して、シャワーチェアに移乗していただくといいですね。

 

 

シャワーチェア

背もたれ付きがオススメ

 

④簡易スロープ… 1万円

簡易スロープがあると、多少の段差はなくなります。

仲居さんでもできるようにアルミの軽いものがオススメです。

 

スロープ

 スロープで解決

 

⑤車輪カバー…1万円

車いすの場合、「畳の和室」でどうするか?が心配になります。

でも、カバーをすればいいんです。

 

車輪カバー

車輪カバーで解決

 

館内用と室内用で分けてもいいとおもます。

 

一番大事なのは、情報を出すこと

上の5つを買いそろえれば、安心か?といえば、100%ダメです。

車いすのお客様からのクレームは、100%あると思ってください。

一番大事なコトは、モノを買いそろえることではありません。

 

情報を出すこと。

段差があるなら、ある。

お風呂が狭いなら、狭い。

スタッフが手伝いをできる、できない。

見栄を張らずに、ちゃんと情報を出すこと。

すると、お客様がそれをみて判断してくださいます。

「ここなら行けそう。」
「こうすれば、行けそう。」
「無理っぽい。」

 

一番危険なのは、「バリアフリーです。大丈夫です。」と伝えているのに、実際には、バリアにぶつかってしまうこと。

そうならないように、しっかり情報を出す。
可能なら、7万円でお気軽セットをそろえてみる。

お客様のお話を伺って、難しそうだと感じたら、その懸念もお伝えしたほうがいいです。

バリアフリーというと絶対に無理だと感じる宿も多いですが、はじめの一歩は意外と簡単でしょ?

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事