なせばなる秋まつり。丼が今年も完売!

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

なせばなる秋まつりが今年も開催

丼どんまつりも同時開催。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

今年も秋になりました。
以前、米沢の祭りといえば、春の上杉まつり、冬には雪灯籠まつり。
その2つでした。

数年前から定着した、秋の「なせばなる秋まつり」。

実りの秋だからこそ、丼をみんなで出すお祭りです。

上杉神社の参道にお店がズラリ

 

趣向を凝らした丼がズラリ!

 

恒例の棒杭市

棒杭市、ご存知ないですよね?

江戸時代、米沢では、棒や杭に商品を置いて売った無人市がありました。
無人にも関わらず、それを盗んだりする人はおらず、当時の米沢の民度が大変高かったという逸話が残っています。

そこで、それを再現した無人市のコーナーです。

 

昔遊びのコーナー

ここが充実しているので、ぜひお子様といってほしい

 

射的は、射的でもパチンコです

そして、今日一番興奮したのが、こちら。

巨大なトントン相撲

これは面白い!
ここまで大きいと、見ごたえあります。

しかも、ちゃんとトントン相撲ができてました。

揚げたての油揚げ

栃尾の油揚げ、美味しゅうございました。
パリパリで。

そんな、なせばなる秋まつり。

盛りだくさんですので、ぜひ来年遊びにいらしてください。

ではでは。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事