なせばなる!6秒で「鈴の絵付け体験」を伝えてみた

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

制限が可能性を広げる

制限って、足かせじゃないんです。

こんにちは。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝い。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

制限。

手足を縛られ、自由がなくなるようなイメージですよね。

でも、制限が創造の可能性を広げるんです。

例えば、絵を描く。

ただ「絵を描いてください」と言われても、描きにくいですよね。
描けないことはないけど、描きにくい。

「何を描いていいの?」

それに制限を加えていきます。

「リンゴの絵を描いてください。」

とたんに発想が広がりますよね。

さらに制限を加えます。

顔の描かれたリンゴの絵を描いてください。

こうなるととたんにどんな表情にしようとか、顔のタッチとか、様々なイメージがわいてきます。

という長い前ふりのもと…。

制限を受け入れたとき、新たな可能性が生まれるんです。

 

鈴の絵付け体験を6秒で!

今日は、動画を撮ってみました。

題材は「鈴の絵付け体験」。

条件は「6秒」。

たったの6秒で、鈴の絵付け体験を伝えます。

通常の動画なら、1分はほしいところです。
でも、6秒と決まっていたらその方向で考えるわけです。

そんなわけで、無駄な部分をそぎ落として作った6秒。

 

鈴の絵付け体験

 

いかがでしょうか?

何の説明もありませんが、意外と6秒でもだいたいわかりますよね。

そんなわけで今日の絵付けの記念撮影。

鈴の絵付け体験

鈴の絵付け体験を体験!

というわけで、Vineコレクション、着々と増えています。

遠藤直人のVine

「たったの6秒だけ??」と尻込みせずにやってみるもんですね。

6秒の可能性、また追求してみたいと思います。^^

 

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 ご当地落語 】のトップバッター会場です!
(下のバナーからサイトを開けます)

関連記事