社会人がプロに見てもらう落語ワークショップ。

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

想像を絶するクオリティでした

生まれて初めて落語をやりました…。

こんにちは。
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人(@naaot)です。

いやー、やりました。

落語ワークショップ。
思えば、昨年10月のこと。

なんとなく、旅館の宴会場で落語やったら楽しそうだなーと思いつきました。

旅館と落語がベストマッチすぎる3つの理由

それから1年。

まさか、こんなスピードで話がうまく進むとは…。
そして、落語を聞くだけでなく、私がやる立場になるとは…。


落語会&ワークショップの動画

 

落語のハードルは高くない

プロの落語家として入門するならともかく、試しにやってみるなら、落語は決してハードルの高いものではありません。

野球をするには、ボールとバットとグローブと自分以外に17人の選手と4人の審判が必要です。

サッカーをするには、ボールとゴールと自分以外に21人の選手と審判が必要です。

ギターを弾こうと思ったら、ギターとアンプと音を出せる環境が必要です。

それが、落語なら、扇子と手ぬぐいがあればいいんです。

練習なら着物でなくてもいいですし、高座はなくても座布団があればOK。

 

自分でやろうと思えばいつでもできるんです。

 

だから、「野球やりたい!」「サッカーやろうかな!」と同じノリで「落語やってみよっか!」もアリなんです。

「落語やってみない?」というと「えっ?ありえない!」というリアクションが多いですが、そんなに恐れなくてもいいと思います。

 

落語ワークショップ

本当に少数精鋭でした

 

ビビってしまいがちな落語ワークショップ。
軽いノリで参加していただいたみなさま。

人数は少ないですが、精鋭ぞろいでした。

「長短」や「粗忽長屋」、「真田小僧」など古典落語を披露した人。

オリジナルの「マラソン」という落語や落語っぽい「自己紹介」を披露した人。

それぞれの形で落語を演じていただきました。

 

プレゼンするように落語を学んでみる

パワーポイントを使ったプレゼン講座なら、受講者はたくさん集まると思います。

でも、落語となると一歩引いてしまう。

それは、とてももったいないです。

 

プレゼンテーションが、一本の流れをもとにナレーション的に説明をしていく芸とすれば、落語は会話中心でシーンを描く芸です。

この2つを組み合せられれば、最強です。

流れもあり、大事なところでシーンを演じる。

ビジネスでも使えるスキルです。
今日は、立川流の真打・立川こしら師匠から直々の指導だったこともあり、「プロはこういうところをみているのか!」という勉強にもなりました。

またチャンスがあればやってみたいと思います。^^

 

こしら師匠のブログに取り上げていただきました。

米沢で初の落語会。小野川温泉 鈴の宿

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事